スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中坊進二が語る真田丸の感想

中坊進二
11 /29 2016
もうそろそろ真田丸も最終回です。
最終日は12月の第三日曜、18日になります。
中坊進二としては、よく歴史的に無名(何故か知名度は高いが)の
真田幸村をここまで長く語れると、すごく感心しています。
歴史的にはこの大阪冬の陣と夏の陣の二回しか活躍しておらず、
残りの大部分は空想によるものと思います。
逆に言えば、それだけ脚本としていじることが出来る可能性に
秘めていたとも言えそうです。


<真田幸村という名前について>
実はコレは良く分かっていないのが実情です。
公式の文書では一切その名が残されていなく、
いつ幸村が「幸村」を名乗るようになったのか、
歴史家の間でも意見が分かれています。
中坊進二は大河ドラマを観て、
あの脚本通りの展開をやや信じていますが、
史実のところ彼がどのような思いを込めて、いつ改名したかは不明です。
公式の文書が残されていない理由としてはやはり、
名乗り始めてからの期間が短すぎることが理由と中坊進二は考えています。
冬の陣のために参戦した際に、名乗るようになりましたが、
その名前が浸透する前に討ち死にしました。
仮に、豊臣側が勝てばその名は歴史にしっかりと残るようになりましたが、
史実は歴史で習った通りです。

肖像画


<真田幸村の知名度について>
中坊進二としては、口伝や創作物でその名が浸透したと思っています。
公式な文書こそ残っていませんが、
江戸時代の庶民の間で真田幸村の生き様はかなり人気となり、
多くの方が幸村の名を記憶に留めるようになったのではないでしょうか。
それが現代まで続き、
歴史の教科書でも幸村の文字を使っていたのだと中坊進二は思います。
しかし、歴史の資料を読みほどいていくと、
昌幸の次男の本名は信繁だと分かりました。
こちらはしっかりと公的な文書が残されていますので、
信繁の名は事実の模様です。
信繁がいつ幸村を名乗るようになったかは、
創作物の影響が強いかもしれませんね。

ちなみにこうした歴史の脚色はあまり珍しくありません。
三国志演技などが最たる例ではないでしょうか。
確か史実では、赤壁の戦いで周瑜は全く関わらなかったと言われています。
他にも、三国志最強の呂布は関羽と張飛の
二人がかりでも倒せないと言われていますが、
実際のところは逃げ出しただけという意見が最有力候補です。
物語に主人公性を持たせたいがために、
演技の方ではそうした脚色をしたのだと中坊進二は思っています。

赤壁の戦い


<真田丸の場所について>
これもまた色々な説があります。
そもそも、大阪城周辺の堀なども、推測によるものが多いです。
400年も経てば、色々と地上は変化します。
家は建ちますし、火事に遭えば総じて立て直しです。
色々な場所が掘られては埋められ、
過去の歴史を知る情報はほとんどないと言えます。
そもそも真田丸は突貫工事で作った仮住まいの様な城です。
正式な城のような基礎工事の跡はないのです。
そして、大阪冬の陣の折には徹底して壊されてしましました。
外堀どころか内堀も埋められてしまい、
大阪城の周辺は真っ新な土地になったと言われています。

ネットで調べれば真田丸の場所の候補はいくつか見つかると思います。
中坊進二も旅行の際に探してみました。
今は、石碑があるだけなので、
中坊進二がどんなに頑張ってその痕跡を探そうとも、
真田丸がったとされる証拠は見つかりませんでした。

大阪城全体


<戦国最強の武将と言われる由縁について>
真田幸村は戦国最強の武将として世に知られています。
これもまた諸説あると中坊進二は思っています。
中坊進二の記憶だと、
「最後は僅か600騎で徳川10万軍に斬り込み、
徳川本陣のあと一歩のところまで追いつめた」

と言われています。
これが史実かどうかは、中坊進二には分かりません。
そもそも、いくら勇猛でも600が
10万の壁を突破するのはかなり無茶があります。
これが本当なら、
徳川軍はもうやる気がないとしか言いようがありません。
もしかしたら本当にやる気がなかったのかもしれません。
戦いというものは、士気がかなり影響し、
誰だって死にたくないものです。
鬼気迫る敵兵を見て怖じ毛づく兵士は、きっと少なくないと思います。
そもそも、関ケ原と大阪夏の陣で10年以上のスパンがありますので、
この戦が初参戦となる若者は多いかもしれません。
そうしたところでしたら、突破は容易と言えると中坊進二は考えています。

もうひとつの可能性としては、徳川軍による捏造です。
敵が勇猛であればあるほど、自軍の損傷の言い訳になります。
「あの敵は強かった。だからこれだけの被害を出すのは仕方ない」
という言い訳はとても重要です。
責任追及というものは、いつの時代もあったのです。
大河ドラマでどう演出するか、中坊進二はとても楽しみにしています。

大阪冬の陣


<歴女に人気の理由>
真田幸村が歴女に人気の理由ですが、
中坊進二としてはゲームの影響が強いと思っています。
戦国無双や戦国BASARAなどはかなりシリーズ化されており、
共に主人公格としてイケメンのビジュアルで書かれています。
ついでに言うと、声もイケメンだと中坊進二は感じました。
肖像画を見るとゲンナリするかもしれませんが、
真田幸村の資料はとても少なく、
また昔のイラストはとても古風で独特です。
現代の様に写実的でありませんので、
多くの方が幸村はイケメンだと思っているかもしれません。
大河ドラマでも、ソフトバンクのCMで有名な
あの人(名前忘れました)を起用したおかげで、
人気に拍車が掛かっていると言えます。


<真田幸村の性格について>
これこそ誰にも分からないと言えます。
大河ドラマでは義理人情に厚すぎて、
正義感の固まり、時には空気を読みすぎるという完璧超人ですが、
実際のところは不明です。
むしろ、盛りすぎてちょっとヤバイと中坊進二は感じています。
仮に、今後誰かが真田幸村を時代劇に登場させた場合、
嫌でもこの大河ドラマ版と比べられることになります。
確か、次回の大河ドラマは井伊直虎で、
大阪冬の陣に参戦することになりますので、
きっとその時にも幸村は登場すると思います。
その時に、どのような人物で幸村が描かれるかは分かりません。
今回、徳川家康がかなりの極悪人で描かれていますが、
これは真田幸村が主人公だからです。
真田幸村が敵側になれば、
彼の悪逆非道の部分をピックアップするかもしれません。
こうしたドラマの内容は監督が決めていきます。
各キャラのセリフはほぼ全て監督や脚本家による空想だと言えます。
ドラマで歴史の勉強をする際は、結果だけを見た方が良いですよ。

徳川家康


<兄貴について>
中坊進二は恐ろしいほど、信之について知りません。
最初に戦国無双をプレイした際は、
兄について全く記載されていませんでしたので、
幸村に兄が居たことすら知りませんでした。
彼もまた、優秀すぎる父親の影に埋もれた存在だと
言えるのかもしれません。
関ケ原以降は大きな戦は無く、
大名の名が歴史の教科書に載る機会は薄れていると言えます。
今回の大河ドラマを観て、
こんなことをしていたんだと初めて知ったところです。
歴史というものは、戦がないとあまり記録として残らないものなのです。


<終わりに>
今回、中坊進二は真田信繁について語りましたが、
これらは全て中坊進二の意見であり、真実ではありません。
中坊進二は裏付けもあまり取っていませんので、
情報が正確とは限りません。
歴史の資料は新しい発見により覆されることはしばしばあります。
また、見つかった文章も歴史家の解釈の違いにより、
意見が180度異なると言われています。
この中坊進二の意見に限らず、色々な情報を収集して、
みなさんも自分なりの歴史考察をしてみてください。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ジュエル

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。