中坊進二が京都の大仏を紹介します

中坊進二
10 /12 2016
京都市には多数の神社やお寺があります。
そして、その多くの寺社に仏像が安置されています。
中には大仏と呼べるほど大きなものを配置している寺社があるかもしれません。
そこで今回、中坊進二は京都の大仏について紹介したいと思います。


<大仏の定義>
京都の大仏を語る前に、まずは大仏の定義から紹介したいと思います。
奈良や鎌倉の大仏の様な巨大なものをイメージする方は多いと思いますが、
実際にはそこまで多くなくても構いません。
大仏は大きな仏像を指す言葉で、お釈迦様より大きいもの全てを大仏と呼びます。
そして、お釈迦様と同じくらい、もしくは、それ以下のものを丈六仏と言います。
ただし、お釈迦様の身長は1丈6尺(485cm)です。
お釈迦様(ゴータマ・シッダッタ)は実在する人物なので、
この身長は確実に脚色だと思いますが、
それだけこのお方が立派だということを示しているのだと中坊進二は思っています。
なお、座っている大仏もありますので、その場合は半分の8尺を超えたものを大仏と呼びます。
ただし、これはあくまで目安になりますので、
実際には1丈6尺に達していなくても、大仏と呼ばれる仏像はいくつもあります。
明確な定義はなく、ある程度大きかったら大仏と呼んでもいいかもしれませんね。
実際、中坊進二はそこまで深く気にしたことはありません。
中坊進二が今回調べていて初めて、その仏像が大仏に分類されていることに気付いた程です。


<欣浄寺の伏見大仏>
欣浄寺は伏見区西枡屋町にあり、京阪本線黒染駅から徒歩4分ほどで行くことが出来ます。
境内には桜の木があり、春には花見客が訪れる人気のスポットです。
中坊進二も桜を見に訪れたことがあります。

そして、肝心の大仏は鉄筋作りの本堂に置かれています。
こうした建物は木造で作られることが多いのですが、
方広寺の大仏が火事で焼失したことにより、頑丈さを求めて鉄筋で作ったそうです。
伏見大仏と呼ばれており、その高さは530cmほど。
坐像になりますので、かなりの大きさになります。
中坊進二がそばに立つと、腰の部分に頭が来るほど大きいです。
それもそのはず。伏見大仏は木像の中では日本一を争う大きさとして知られています。
伏見大仏は江戸中期に作られた大仏で、既に崩れそうなくらい劣化しています。
触る方は居ないと思いますが、参拝の際は、あまり風などを当てないようお願いします。
年中無休ですが、拝観には予約が必要なのでお忘れずに。

また、欣浄寺は伏見大仏以外にも、少将塚や小町塚、深草少将姿見の井戸など、
見応えのある名所が数多く安置されています。
中坊進二は電車で行きましたが、車も5台分くらいは停められますので、
レンタカーを借りて参拝するのも良いかもしれません。

伏見大仏


<金剛華寺の京都大仏>
金剛華寺は山科区北花山大峰町にあります。
最寄り駅は、東西線の蹴上駅か御陵駅ですが、
山間にありますので歩いて40分以上掛かります。
中坊進二はのんびり歩きましたので、
慣れている方でしたら30分を切ると思います。
金剛華寺の隣には花山天文台があり、
そちらでイベントがある際は駅からシャトルワゴンバスが発車していますが、
基本的には徒歩で向かうことになります。
歩道のない急な坂道を歩かないといけませんので、
中坊進二はヘトヘトになって登りました。
なお、蹴上駅(金剛華寺の北側)から行く場合、
東山ドライブウェイを通ることになりますが、
この区間はオートバイの通行が禁止されています。
自転車やお車は可能ですが、勾配が激しいので気を付けてください。

金剛華寺の京都大仏は屋外に置かれている坐像で、その高さは750cmほど。
歴史としては意外と新しく、1981年に作られた近代のものです。
毎年、子供の日にはお祭りがあり、多くの参拝客が訪れるそうです。
中坊進二は金剛華寺には1度しか行ったことがありませんので、
そのお祭りがどんなものか分かりませんが、機会があれば行きたいと考えています。
中坊進二の家から直線距離で3kmも離れていませんので、
次は電車ではなく自転車で行きたいと思います。

あと、金剛華寺の北には将軍塚青龍殿があります。
見晴らしが凄く良いので、観光地として高い人気を誇っています。
是非、京都市内を一望してください。
中坊進二の感想は「絶景」としか言いようがありません。

京都大仏


<大佛乗願寺の浄土谷の大仏>
京都市の近郊にもいくつかの大仏があります。
大佛乗願寺は長岡京市浄土谷宮ノ谷にあり、こちらも山の中にあるお寺です。
中坊進二は行ったことがありませんが、大山崎駅から徒歩70分くらい掛かるそうです。

浄土谷の大仏は坐像で、その高さは280cmほど。
伏見大仏や京都大仏と比べると小さいものですが、
京都府の数少ない大仏のひとつとして知られています。
参拝に一定の手順があり、今ある幸運を続かせたいなら右回りに、
不運を逆転させたいなら左回りに、大仏の周りを回るそうです。
そして、男性は大仏の左の膝、女性は右の膝を触って祈願をします。
中坊進二が大佛乗願寺に行ったら、しっかりとこの手順を守りたいと思います。

大佛乗願寺


<平等院鳳凰堂>
平等院鳳凰堂は宇治市宇治蓮華にあり、
JR奈良線宇治駅から徒歩10分少々で到着することが出来ます。
中坊進二はあまり京都の南の方には行きませんが、
平等院鳳凰堂は一度は見ておきたい名所です。
中学・高校の修学旅行先でも平等院鳳凰堂は良く選ばれていると思います。
2014年にリニューアル工事が終わり、
当時の色鮮やかな朱色の建物が復活しました。
特に鳳凰堂と夕日が重なる光景は、
多くの方を虜にしていると中坊進二は思っています。
中坊進二はまだ生で見たことがありませんが、
機会があれば是非見に行きたいと思っています。
閉館が17時なので、冬季シーズン限定になりそうです。

平等院鳳凰堂には阿弥陀如来像があります。
阿弥陀如来は仏の種類で、この大仏には固有の名称は付いていませんが、
平等院鳳凰堂の本尊に構えている阿弥陀如来像は
多くの方に知られていると思います。
高さは277.2cm(コレは明確に資料がありました)、
木造で漆箔の坐像で、平安時代後期に作られました。
大仏は国宝に指定されており、
平等院鳳凰堂も「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

平等院鳳凰堂阿弥陀如来像


<今は無き、京の大仏>
「京都の大仏」という名称で最も有名なのは、かつて方広寺にあった京の大仏です。
幾たびの造営と消失の歴史を持つ大仏として有名で、
1596年の慶長伏見地震で倒壊、1602年に火事により融解、
1662年に地震で小破、1798年に落雷で灰に、1973年に火災で焼失。
以後、再建されることなく、今はその地に鐘があるだけです。
当時建てられた京の大仏は19mもの大きさを誇り、
日本三大大仏の一角に数えられていました。
現在、日本三大大仏のひとつは空席となっており、
事実上、奈良と鎌倉の2つが、日本を代表する大仏として知られています。
実際、中坊進二は今回調べるまで、この大仏の存在に気が付きませんでした。
中坊進二が生まれる前に無くなっていたため、知る由がないのが現状です。


<世界の大仏>
大仏は日本固有のものではありません。
仏像は仏教の信仰対象である仏をあしらったもので、
東南アジア全域で広く普及しています。
中国の魯山大仏、ミャンマーのレイチュンセッチャー大仏、タイのグレートブッダ、
ベトナムのソントラ観音菩薩など、世界有数の大仏は数多くあります。
中坊進二は日本から出たことがないので、
それらの大仏を生で拝んだことはありませんが、
どの大仏も一度は見てみたいと考えています。

タイのグレートブッダ


<総括>
日本には数多くの大仏がありますが、
京都市にはそれほど多くの大仏はありません。
大きな像を建てるには、広い土地が必要なため、
当時都市だった京都では作るのが難しかったのかもしれませんね。
また、戦や火事、地盤沈下による水没も多かったです。
室町時代後期には、京都市の西半分は沼になっていたと言われています。

その代わり、丈六仏は数えきれないほどあります。
こちらは持ち運びも可能なため、
仮に本尊が火事になっても直ぐに持ち出すことが出来ます。
盗難のリスクはありますが、小さい方が後の世に残りやすいのです。

中坊進二がお勧めする京都のグルメの数々

中坊進二
10 /07 2016
国内だけでなく、海外からの観光客も訪れ大賑わいなのが京都です。
中坊進二も好きな街です。
有名なお寺や世界遺産など京都には見所満載です。
観光で大事なことといえばそういった観光名所を回るだけでなく、グルメです。
旅行だからこそ美味しいものを食べたいものです。
京都は美味しいグルメがたくさんあります。
京都に詳しい中坊進二は、
老舗の料理もいいけれどそれ以外に美味しいものはたくさんある。
色んなお店の料理を堪能して欲しいと考えています。
京都に詳しい中坊進二の、お勧めのグルメを紹介していきます。

<京都のラーメン>
京都のグルメはどんな味?と聞くと、あっさり味をイメージする方は多いです。
もちろんあっさりしたものもありますが、ラーメンはむしろこってり濃厚な味となっています。
中坊進二はパンチの利いた京都のラーメンが好きです。
京都のラーメンは背脂をスープに散しており、味付けは醤油が基本です。
九条ねぎを使用しているのが京都のラーメンの特長です。
中坊進二が京都ラーメンでお勧めするのが、「セアブラノ神」というお店のラーメンです。
このお店のラーメンは、背脂がどんぶりにたっぷり乗っています。
けれど見た目ほど味は濃過ぎず、すいすい飲み干せる味のスープとなっています。
背脂が入ることで醤油の角が消え、まろやかなになって美味しいとのこと。
アクセントの玉ねぎも入っており、
食べていて美味しく楽しいラーメンだと中坊進二は太鼓判を押しています。
太麺と相性もよく、ぺろりと食べられてお腹いっぱい・
幸せになれるラーメンなのでお勧めだそうです。

セアブラノ神



<京都の肉料理>
肉料理も様々あるのが京都です。
リーズナブルな価格のものから、高級店まで様々なお店があります。
中坊進二も京都の肉料理のお店は色んなところへ行きました。
中坊進二がお勧めなのが、串バルLIBRAというお店です。
今流行の熟成肉を扱っているお店です。
外はこんがり、中はレアで焼かれた熟成肉が非常に美味しく、
中坊進二もお勧めのお店です。
メニューも豊富で、熟成肉の串焼きからホルモンや焼き鳥、
ローストビーフなどの一品料理があります。
種類が豊富で色んなものも食べられるのがポイントが高いそうです。
「美味しい肉を、お腹いっぱい食べたい!」と思った時に、
中坊進二は串バルLIBRAに訪れています。
お財布にも優しいのも嬉しいポイントとのこと。
雰囲気のいいお店で居心地よく、仲間同士や家族で来ても、
恋人と来てもいい使い勝手のいいお店です。
肉を心行くまで堪能できるお店なのでお勧めしています。

串バルLIBRA



<京都のスイーツ>
京都ではスイーツを扱うお店がたくさんあります。
甘いものが好きな人でも満足できる街が京都だと中坊進二は考えています。

和洋様々なスイーツがある中で中坊進二がお勧めなのが、
きなこをテーマにしたアイス専門店の京きななというお店です。
こちらのお店は祇園の町家を改装してお店にしているので、
雰囲気もいいのがお勧めです。
京都らしさも堪能できます。
パフェも美味しいけれど、是非食べて欲しいのは冷凍していない
作り立てのアイスの「できたてきなな」だそうです。
プレーンのきなこ味をはじめ、黒ゴマ・小豆・黒蜜・抹茶・よもぎと数種類あります。
中坊進二曰く、このできたてきななはジェラートのように滑らかな食感がいいそうです。
ほのかな甘さと相まって非常に美味しく、病み付きになる味だからこそお勧めをしています。
甘い物好きの人も満足させる一品だそうです。

できたてきなな



<京都のバー>
料理だけでなく、お酒を堪能できるお店も京都にはたくさんあります。
中坊進二がお勧めするのは、プラスサケバープラスカフェというお店です。
名前の通りお酒も出すカフェとなっています。
中坊進二がお勧めするプラスサケバープラスカフェは、様々な日本酒を取り扱っています。
単品だけでなく日本酒の飲み比べのセットもあるのが嬉しいとのこと。
色んなお酒を飲み比べ、味の違いや新しいお酒に出会えるのがいいそうです。
日本酒の初心者でも気軽に入れる上に、日本酒のことを店員さんから教えてもらえます。
味の好みを伝えれば自分に合った日本酒をチョイスしてくれるのもいいそうです。
このお店に通うことで、中坊進二は日本酒のレパートリーを増やしていきました。
またデートでも使える上に一人でも入りやすいので、
誰かと一緒に行くもよし・1人でのんびりお酒を飲むもよしと使い勝手も抜群だそうです。
片意地張らずに気軽に飲める京都のバーが、プラスサケバープラスカフェです。




<京都のパン>
京都で外せないグルメといえばパンです。
京都はパンの消費量が日本全国1位なのです。
京都に住んでいる多くの方がパンを食べています。
そのため、京都には数々のパン屋が存在します。
京都のグルメを堪能するなら、
パンは避けて通れないものだと中坊進二は考えています。

中坊進二のお勧めの京都のパン屋は、まるき製パン所です。
昭和22年創業で、どこか懐かしい雰囲気のある老舗のパン屋です。
京都に住んでいる方も住んでいない方からも人気のお店です。
このお店がお勧めな点は、
もしお目当てのパンがなかったらすぐに作ってくれるサービスにもあります。
そのため食べたいと思っているパンが確実に食べられるので評判です。

中坊進二のお勧めは、人気のハムロールとクリームパンです。
ハムロールはパンにキャベツとハムを挟み、マヨネーズで味付けしたものです。
シンプルでありながらバランスがよく、するすると食べられて美味しいそうです。
クリームパンはミルククリームを使用しており、
甘さは控えめでさくっと食べられるパンです。
程よい甘さが絶妙で美味しいとのこと。

朝食や昼食によし、間食やお土産にもよしなのが京都のまるき製パン所のパンです。

まるき製パン所



<京都のお土産>
お土産として京都の食べ物を買っていく方はたくさんいます。
けれど美味しいお土産がたくさんあるので、何を買っていいのか迷ってしまうものです。
中坊進二がお勧めなのは、永楽屋の京のおぶみそです。
香りと旨みがぎゅっと詰まったおかず味噌で、椎茸や昆布など全5種類あります。
京のおぶみそがお勧めなのは、美味しいはもとより使い勝手の良さにあります。
京のおぶみそはご飯に乗っけて食べてよし、お酒のあてによし、
野菜スティックに添えるもよしと使い勝手が抜群です。
美味しいく色んな食べ方が出来るので、お勧めだそうです。
中に入っている具材はごろっと大きいので食べ応えもあるのがポイントだそうです。
ご飯をはじめ色んなものに合い、使い勝手もいい京のおぶみそは
喜ばれること間違いなしと中坊進二は考えています。

永楽屋の京のおぶみそ



<京都のモーニング>
ランチやディナーだけでなく、モーニングも充実しているのが京都です。
京都に訪れた際は美味しいモーニングを食べて、
早朝から京都を散策するのも乙なものと中坊進二は考えています。
中坊進二がお勧めの京都のモーニングは、都野菜加茂の都野菜のバイキングです。
朝から京野菜をたっぷり食べられる、バイキング形式となっています。
ソフトドリンクのドリンクバーもついており、お得です。
おばんざいもあるのがお勧めだそうです。心行くまで京野菜を堪能出来ます。
旅行中の食事は野菜がおろそかになってしまいます。
でが都野菜のバイキングならしっかり野菜が食べられます。
京野菜をたっぷり食べられるので、朝はヘルシーにしたい・
野菜をいっぱい食べたい方にぴったりだと中坊進二は思っています。
健康的な食事が取れて、京野菜を心行くまで堪能できる。
それが京都のモーニングでお勧めの都野菜のバイキングです。

都野菜加茂の都野菜のバイキング



<まとめ>
京都には様々なグルメがあります。
老舗や有名店以外にも、美味しいものを扱う店はたくさんあります。
観光などで京都を訪れた際には、中坊進二お勧めのお店に行ってみてはいかがでしょうか。
美味しいものを食べて、お腹も心も満たされること間違い無しです。

中坊進二がおすすめする京都の観光名所

中坊進二
09 /24 2016
学旅行先としても人気の京都ですが、
遠方に住んでいると、どうしても気軽に行くことが叶いません。
京都在住の中坊進二も仕事でなければ、東京に行くことはほとんどありません。
それゆえ、修学旅行でしか京都に行ったことが無い方は、大勢居るのではないでしょうか。
そこで京都に詳しい中坊進二が、
本ページでおすすめの観光名所をエリアごとに紹介したいと思います。
京都観光の際は、参考にしていただけますと幸いです。



<嵐山・嵯峨野エリア>
嵐山・嵯峨野は京都市の西の方にあるエリアです。
京都駅から僅か15分、240円で嵯峨嵐山駅まで行くことが出来ます。
乗り換えもありませんので、バスより便利です。

嵐山・嵯峨野にはいくつもの名所がありますが、
なにはともかく渡月橋は見ておきたいところです。
嵐山の代表的な名所であり、観光パンレットの写真にもたびたび使われてきました。
この橋周辺は嵐山を一望することが可能なので、
桜や紅葉のシーズンには大勢の観光客で溢れています。
非常に混雑しますので、
初めて嵐山を訪れる方は敢えてシーズンを外すのも狙い目かもしれません。
中坊進二もシーズン中の訪問は少し控えています。
また、渡月橋は嵐山に向かうには必ず通る橋でもありますので、
この近辺はお土産屋さんや飲食店がかなり多いです。
この辺りで腰を落ち着けて一服するのも、いいかもしれませんよ。

中坊進二が特におすすめするのは竹林です。
天龍寺の北側にあり、
竹が鬱蒼と聳え立つ小路は正に幻想的な風景と言わざるを得ません。
テレビCMでも度々使われていますので、
写真を見れば「どこかで見たことある」と思う方は大勢居ると思います。
大人気のスポットとなるため、
人を写さないように写真撮影するのは難しいですが、
冬季は若干人が少なくなりますので、そのシーズンが狙い目ですよ。
運が良ければ雪化粧を写真に収めることが出来ます。

他にも、京都嵐山オルゴール博物館や小倉百人一首殿堂 時雨殿、
19世紀ホールなど、文化や美術を学ぶ施設も揃っています。
駅付近にありますので、時間が余ったらそこを訪ねるのもいいかもしれません。




<伏見・醍醐エリア>
伏見・醍醐は京都駅から南側に位置しています。
京都市で二番目に人気の観光エリアとして知られており、
その理由はやはり伏見稲荷大社ではないでしょうか。
全国に3万あるとされる稲荷神社の総本宮であり、
千本鳥居が多くの参拝客を驚かせます。
あれほど短い間隔で朱い鳥居が並ぶ様は、
中坊進二はここ以外で知りません。
外国にもこのような風景はなく、
外国人観光客のベストスポットとして人気を集めています。

お酒に興味がある方は、月桂冠大倉記念館も良いかもしれません。
酒造りの工房見学から各種資料の閲覧、さらにはきき酒を楽しむことが出来ます。
入館のお土産に純米酒をプレゼントしてくれるほか、売店では様々なお酒が売られています。
駅から十分歩いていける距離なので、電車を利用して訪ねてみてください。




<清水・祇園エリア>
清水・祇園は京都駅の北東側に位置しています。
京都駅から電車で向かうには、少し乗継が面倒なので、
バスが良いかもしれません。
もしくは、そこまで遠くない距離にありますので、
レンタサイクルで自転車を借りるのもおすすめです。
最近の京都は、至るところに貸し自転車屋さんがあり、
バスや電車で行きにくい場所にも楽に行くことが出来るのです。
中坊進二も自転車に乗って、よく清水寺の方に行っています。

清水・祇園と言ったら清水寺は欠かせませんが、
多くの方が何回も行って、既に飽きているかもしれません。
そこで中坊進二は今回、それ以外の施設を紹介したいと思います。
京都駅と清水寺を直線で結ぶと、その間にいくつもの名所があり、
その内の人気の寺社として蓮華王院 三十三間堂があります。
千体の観音立像は、一度は拝んでおきたいところです。
中坊進二もその光景にかなり圧倒されました。
京都国立博物館もこの近くにあり、
数多くの国宝や重要文化財が展示されています。
三年坂の北には、清水三年坂美術館や霊山歴史館があり、
芸術の勉強目的で訪れるのも良いかもしれません。




<天橋立・丹後半島エリア>
中坊進二が住む京都市以外にも京都府には多数の名所があります。
天橋立・丹後半島には日本三景があり、大勢の観光客が天橋立を訪れています。
直接、天橋立がある松林を歩くのも良いですが、一度は見ておきたいのは上からの眺望です。
大内峠一字観公園や天橋立ビューランド、傘松公園から眺めることができ、
それぞれの眺望には専用の用語まで付いています。
「一字観」や「飛龍観」、「斜め一文字」と呼ばれており、全てを見比べるのも良いかもしれません。

日本海に面している琴引き浜も人気です。
特徴として、砂浜を歩くとキュッキュッという音が鳴ります。
雨が降ると、ほとんどコーラス状態です。
景観も良く、夕方の光景は一度は見ておきたいところです。




<京都駅周辺エリア>
京都駅周辺にも見ごたえある名所は多いです。
中坊進二も良く自宅から歩いて行っています。
京都駅ビル、京都タワー、京都水族館、京都鉄道博物館など、
いくつもの近代的な施設がありますが、
他にもいくつもの歴史的な名所が京都駅から徒歩圏内にあります。
穴場として人気なのが、京都駅から北東に位置する渉成園です。
京都市の中心地にありながら、ここだけ隔絶されたように静かな雰囲気が形成され、
一年を通して四季折々の自然を楽しむことが出来ます。
庭園好きなら、是非ここに訪れてみてください。

美味しいグルメも京都駅周辺に集中しています。
割と高級なお店が多いので、中坊進二はそう頻繁に行けませんが、
旅行気分にちょっと贅沢したい時にはいいかもしれません。
京都和久傳やはしたて、佳辰など、いくつもの人気のお店があります。
ラーメンを食べたい方は、新福菜館本店はいかがでしょうか。
中坊進二も良く食べに行きます。




<二条城周辺エリア>
二条城と京都御所が最も有名な観光スポットですが、それ以外にもいくつもの隠れた名所があります。
二条城の直ぐ南には神泉苑があり、赤い橋の法成橋が人気です。
源義経が恋に落ちた場所として知られており、パワースポットとしても利用されています。
また、神泉苑は日本で初めて公式行事として花見を開催した場所でもあります。
今から1200年前のことですから、その歴史の古さに中坊進二は驚愕しています。

二条城から東に1.3kmほど進むと、京都国際マンガミュージアムがあります。
日本だけでなく世界中の漫画が貯蔵されており、主に研究の目的で利用することが出来ます。
展示コーナーもあるため、社会科見学や修学旅行で訪れるのもいいかもしれませんね。
中坊進二もよく行きます。




<烏丸・四条河原町エリア>
四条河原町は京都最大の繁華街として知られており、
大型百貨店や地元の商店街など、かなりの賑わいを見せています。
中坊進二がよく行くおばんざいのお店や、お土産にぴったりな和菓子のお店、
さらには地元住民がその日の夕飯を揃えるために利用しているお店も勢揃いです。
可愛らしい小物を売るお店もありますので、ウィンドウショッピングをするのなら、
中坊進二はこのエリアをオススメします。
「通り」を歩くだけでも楽しめる人気スポットです。




<まとめ>
京都は見ごたえのある名所がとても多いですが、1日で全てを回り切るのは難しいです。
修学旅行生は1日で金閣寺と清水寺と伏見稲荷大社に行こうとするかもしれませんが、
それらの施設はかなり離れているため、1日の半分は移動で費やされるかもしれません。
また、満員状態のバスに乗るのは、慣れている中坊進二でも遠慮したいところです。
可能であれば、中坊進二が上記で紹介したエリアごとの散策が良いと思います。
1つのエリアでもかなりの名所がありますので、たっぷりと時間を有意義に使うことが出来ますよ。

中坊進二が居る京都市に訪れる年間の観光客数は約5,500万人です。
京都府全体でみると、約8,700万人になります。
そしてこの人数は年々増加傾向にあります。
日本人に限らず外国人観光客も増えており、京都市は益々、
観光の街として発展していくと中坊進二は思っています。

ジュエル

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。